アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
dmm.com証券 iphone携帯では?
ブログ紹介
約定力などが不安視されるDMM.com証券ですが、口コミが噂レベルかどうかをチェックしています。
zoom RSS

DMM FXのシステムの使いやすさ

2011/08/08 21:58
株式相場とは違い、FXでは買い注文だけではなく売り注文できるところが特徴ですが、

ちょっと油断をしたり、焦ってしまっていると、売りと買いの方向を間違って注文を入れてしまうケースがあります。


注文ミスは自分の責任ではありますが、FX業者の取引画面によっては売り買いを間違えやすいこともあり、注意が必要です。


DMM.com証券では取引画面が工夫されているため、それほど注文ミスを誘発するような作りにはなっていません。


どんなに慣れているトレーダーでも、注文ミスは年に何度かやってしまうものですが、防ぐための一つの方法としては、

どんな注文を入れる時にも、ストップロスを入れる癖をつけておくことです。


注文時にストップロスを入れるようにしておくと、売買の方向を間違っている場合に、

注文エラーとなり受け付けてくれないので、そこで気づくことができます。


ちょっとしたことですが、取引画面の見やすさは、意外にトレードには重要な要素となっています。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1000通貨単位からではない。

2011/07/08 23:42
1万通貨単位を1ロットとして、扱える最小単位としているところが多いですが、ヒロセ通商や、外為オンラインなどは、1000通貨単位からトレードできるほか、

マネーパートナーズでは100通貨単位からトレードができます。
(ただし、1回の注文に固定で手数料がかかってしまいますが)


DMM.com証券では1000通貨単位の取り扱いがなく、1万通貨単位刻みでロットを指定していくことになります。



じゃぁ、DMM.com証券は使いにくいのかというと、そんなことはなく、そもそも1000通貨単位は、FXで儲けるためにあるものではなく、

デモトレードからリアルトレードへステップアップしていくための途中経過としてあればよいという程度です。



FXで本気で稼いでいくには1000通貨単位では、相当のpipsを稼がないといけませんから、

DMM.com証券の低スプレッドを利用して、5万通貨単位、10万通貨単位などで稼げるようになりましょう。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


為替差損の影響は受けないのか?

2011/06/28 21:01
あなたがポジションを持っている時に発生している含み益・含み損は、あなたが決済するまでは資産が増減することはありません。


含み益や含み損は、裏を返せばFX業者が立て替えているようなもので、含み益が出ていればよいのですが、

FX業者は通常であれば、自分が保有している資産の何十倍、何百倍も大きな金額を顧客から預かっているため、

含み損が大きくなってしまうと、FX業者の財務体質を悪化させかねない状況が出てきます。



極端なたとえ話をすると、口座保有者全員が大きな含み損を抱えてしまっているようなケースです。



こうした状態を回避するために、FX業者はカバー取引をすることによって、リスク回避を行います。


どういうことかというと、カバー先の銀行に対して顧客から受けた注文とは全く逆の注文を行うことで、

為替変動に左右されない状況を作るわけです。


インターバンクへは、カバー先がさらにリスク回避で逆の注文をすることになるため、

結果的に顧客の注文通りの内容がインターバンクへと流れていくようになります。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

dmm.com証券 iphone携帯では? /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる